普段のズボン(その2)
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
小松川ジャンクション建設中(2017年9月20日)
『和田誠と日本のイラストレーション』展
昨日「たばこと塩の博物館」(墨田区横川)でやっている『和田誠と日本のイラストレーション』展に行って来た。
たばこ「ハイライト」のパッケージデザインは和田氏と知っていたが、展示を見ると氏の意中のデザインではなく別デザインが採用されたようだ。

週刊文春
(展示室は撮影不可だが、ロビーの週刊文春表紙展示はOKだった)
京葉ジャンクション建設中(2017年9月20日現在)
まさか電柱を残すのか
曳舟たから通りが道路拡幅中。
電柱が残っているが、まさかこのままなのか?

高谷(こうや)ジャンクション建設中(2017年9月20日現在)
隅田川のほとりのデッキ
一昨日、隅田川に掛かる清洲橋の近くにあるホテル「LYURO 東京清澄」のデッキに行って来た。
デッキには宿泊客で無くても入れる。
船の往来が見えて、良いロケーションだ。

デッキ
スカイツリーライン高架下
東武のスカイツリーラインの古い高架を改修していたが下が駐車場になった。

東武高架下



(※前回記事/2017年2月12日
ミズアオイ(水葵)
東京タワーの階段上下
草刈り
夏の間雑草が生い茂っていたが、冬に向かい草刈りが行われた。

草刈り
コサギ
旧中川。そろそろ夕暮れ。

コサギ
雪月花・花水木・木琴堂(44)/8月9月
シオカラトンボ
一葉記念館
9月9日(土)秋晴れに誘われ自転車散策中に一葉記念館(台東区立)があり入る。入館料300円。
空いているのでじっくり拝見できた。
とにかく書がうまい。筆遣いも慣れているので流麗。利発さが迫って来る。

近くに旧居跡があり感慨深い。

一葉旧居跡竜泉寺町
9月8日(金)の月
犬吠埼灯台まで(4/4)〜千葉都市モノレール編〜
帰路、総武本線千葉行きに乗っていたら、車内放送で「次は都賀(ツガ)〜、ツガです。千葉モノレールはお乗り換えです」とアナウンスされた。
「!!! 千葉モノレールはまだ乗ったことがない。この機会を逃す手は無い」
ということで都賀で降りた。
そして初めて千葉都市モノレールに乗った。
懸垂式。
YouTubeなどを見ると、日本の懸垂式モノレールが珍しくて外国人が多くのコメントを寄せている。
そもそもはドイツが発祥らしいが、日本でも湘南モノレールや千葉都市モノレールがあり、
懸垂式の世界最長営業距離はこの千葉モノレールだ。

犬吠埼灯台まで(3/4)〜犬吠埼灯台編〜
明治7年、初点灯。
イギリス人ブラントンが設計、施工監督。
初の日本製煉瓦が使われた。
完成してから143年過ぎているが健在。
世界灯台100選に入っているそうだ。


犬吠埼灯台まで(2/4)〜銚子電鉄編〜
犬吠埼灯台まで(1/4)〜JR編〜
何を見ている?
遅い夏休み
遅い夏休みで(毎日が夏休みなくせに…)、
<銚子電鉄>と<犬吠埼灯台>に行って来た。

数日前から天気予報を見て、
カンカン照りは避けたいので気温の低い“曇り”を狙って本日にした。
もうひとつ、混雑を避けて平日。
ところが今朝起きたら、今にも降りそうなどんよりとした曇り空。
「え〜い、ままよ」と出掛けた。
錦糸町駅からJR特急しおさい1号に乗ってほどなく車窓を雨が濡らし始める。
「あちゃ〜」
雨水が後方に流れてゆく。
幸い30〜40分でどうにか雨は止んだようだ。
銚子電鉄に乗り換え、犬吠埼灯台をひと通り見学し終わったら、また小雨が降りだす。
本来は波打ち際まで行ったり、もっと広範囲に歩き回りたかったがやめて、早めに帰路に着いた。

後日少しづつ写真や動画を載せたい。
快 晴
昨日は数日ぶりに晴れ間が出たので自転車で少し遠くまで行く。

雲
ヤマトシジミ
明治通り(百花園入口辺り〜京成押上線高架辺り)
外回り側で道路拡幅計画が進行中。
完了まで何年掛かるか分からないが、現在の町並みを記録しておきたい。

祭礼準備
今週末。
小村井(おむらい)香取神社。

香取神社
ノゲイトウ
野鶏頭の園芸品種。

ノゲイトウ
『はやぶさ 2』打ち上げから1,000日目
『はやぶさ 2』は順調に航行中。



ーーーーーーーーーーーー




<その他のサイエンスニュース>




2017年8月19日14:29、測位衛星「みちびき3号」を搭載したH-2Aロケットが種子島射場から打ち上げられた。
この後、10日くらいを掛けて地上3万6千kmの静止軌道に移動させる。
「みちびき4号」は10月にも打ち上げられる予定。



2017年8月8日亀田製菓は同社の「柿の種」がJAXAの宇宙食認定をされたと発表。
ISSで各国の宇宙飛行士が食べられることになる。
喉が乾き過ぎないかとかビールが欲しくなるとか負の要素が少々心配。
ま、それを上回る「普通の生活」の確保も重要。



2017年7月14日JAXA発表。
2017年度中に同時打ち上げ予定の「気候変動観測衛星(GCOM-C)」と「超低高度衛星技術試験機(SLATS)」の愛称が公募により決定。
「気候変動観測衛星(GCOM-C)」は「しきさい」。
「超低高度衛星技術試験機(SLATS)」は「つばめ」。



2017年6月4日に打ち上げられたアメリカのドラゴン補給船に乗せられて、ISSにJAXAの船内ドローン「Int-Ball(イントボール)」が届けられた。
日本の研究棟「きぼう」内で浮遊しながら映像を撮ることが出来る。
地上から遠隔操作出来る。
直径約15cmの球形。
きぼうの両端に設置された3Dターゲットマーカーを見ながら自分の位置を自律的に把握できる。
超小型3軸姿勢制御モジュール内蔵。
12個の小型ファンで姿勢変更と移動。
充電式。



(※前回記事/2017年7月10日
写真アルバム/カタチとイロ(17)
エノコログサ
道端で光っている。

エノコログサ