普段のズボン(その2) 植 物
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
ムスカリを埋める
昨日、ムスカリの球根を埋める。
相変わらず密植。

ムスカリ



(※前回記事/2017年6月29日
ホソバヒイラギナンテン
寒い時に黄色い花はホッとする。

ホソバ柊南天
結局まだ名前が分からない
総称すればドングリの仲間なんだけど、まだ名前判定が確定しない。
ドングリの時はアラカシかと思ったが、葉が出てきてからウバメガシかと思ったり、
最近はアカガシか、ツクバネガシか、イチイガシか、ハナガカシか…。
どれも微妙に違う。
葉が細くてヤナギかキョウチクトウに似ている。
葉に鋸歯は無い。

?



(※土に埋めた時の記事/2013年10月19日
ビー玉サイズ
街路樹の下にたくさん小さなリンゴが落ちていた。
ヒメリンゴだろう。

姫林檎
クスノキの大樹
秋晴れに似合う。

クスノキの大樹
キンモクセイ落花
小さい方のイヨカンが丸坊主
うっかりナミアゲハの幼虫を見落としていた。
今朝気がついたら葉っぱが丸坊主。

伊予柑
少し成長
前回は直径1cmくらいだった。

171003



(※前回記事/2017年7月15日
ミズアオイ(水葵)
ノゲイトウ
野鶏頭の園芸品種。

ノゲイトウ
エノコログサ
道端で光っている。

エノコログサ
フヨウ(芙蓉)
たぶんスイフヨウ(酔芙蓉)ではないと思う。

フヨウ
夏水仙
クズの葉
藤の実
ヤブカンゾウ(藪萱草)
八重がヤブカンゾウで、一重がノカンゾウ(野萱草)でいいのかな。

藪萱草
サルスベリ、花と実
ハマナス(浜梨、浜茄子)の実
頭でっかち
バランスが悪い。

ひまわり
ミソハギ
オニバス?
葉の表面に凹凸。

オニバス?
オニユリ
一部収穫
巨峰というほど大きくはない。
途中ポロポロ落ちて情けないブドウの房になった。
味はソコソコ。

ブドウ1ブドウ2
ヒャクニチソウ
巨峰ほぼ失敗
粒がポロポロ落ちたり、膨らまなかったり。

巨峰
サボテン
7月6日にフト気づいたら柑橘の鉢の隅っこにサボテンの赤ちゃんが顔を出していた。
どういう経緯でここに出て来たのか全く不明。謎。
そのままではまずいので小さな鉢に移した。

サボテン
失敗デラウエア
デラウエア

葉を虫(ブドウスカシクロバ幼虫)に食われ、散々だった。
捕虫しても、しても、しても、全く間に合わず。

途中までは順調だったので残念。
ひと房しか出来ず。
一見、貴腐葡萄に似ているがただ萎れているに過ぎない。

もうひとつの巨峰も失敗だが、そちらはまだ収穫していない。
アベリア
正式にはハナゾノツクバネウツギ。

アベリア