普段のズボン(その2) 植 物
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
睡蓮つぼみ
ブドウの実が膨らみ始めた
これからが曲者で全部の粒が最後まで膨らむとは限らない。
素人栽培では歩留まりがかなり悪い。
粒の半分くらいが途中で萎むか成長が止まる。

ブドウ1ブドウ2
アリも忙しい
花はフレンチラベンダー。

アリ
ロベリア
園芸種として増えている。

ロベリア
イタズラ
今朝起きぬけに気がつく。
妙にブドウの葉が一部萎れている。
「?」

よく見ると小さな蔓が切れている。
カッターナイフのようなもので切られている。
葉の萎れ具合から見ると昨夜の出来事と思われる。

場所は裏道に直に面しており、人通りは意外に多い。
不特定多数の中にはいろいろな人がいるだろう。
太い方の蔓をやられなくて不幸中の幸い。
あるいは最初太い方を狙ったがなかなか切れなかったから細い方にしたのかもしれない。

ブドウ1ブドウ2
ブドウ4ブドウ3
ベニバナトチノキ(紅花栃の木)
摘 蕾
ブドウの蕾がたくさん出ているが今年は摘んで少なくする。

ブドウ
マツバウンラン(松葉海蘭)
雑草だがなかなかカワイイ。

マツバウンラン松葉海蘭
新 緑
イイギリ若葉
青々として眩しい。

イイギリ
ボタンか、シャクヤクか
そっくりなのでなかなか判別が難しい。
牡丹が樹木で、芍薬は草だという。
開花時期は牡丹が4/20〜5/5頃で、芍薬が5/10〜5/末頃。
…ということは牡丹か。

ボタン?
カラスノエンドウ
ブドウの蕾みが出始める
ここまでは順調だが…、いつもプロのような実にはならない。

ブドウ
オオムラサキツツジが咲き始める
蕾の殻(苞)がまだ付いている。

オオムラサキツツジ
スダジイの大木
ベニシダレザクラ(紅枝垂桜)
しだれてますなぁ。

しだれ1しだれ2
水 滴
やっと雨が止んだ。昨日は終日雨で寒かった。最高気温が10度に届かず。
今朝は快晴。

イチョウ イチョウ。貝の中の真珠のよう。
ムスカリ ムスカリ。ポロンと落ちそう。
アネモネ
八重咲きはゴージャス。

ピンク紫白
ムスカリが本格的に咲き始める
早い遅いの個体差があるのでプランター全体としては満開の一歩手前。

ムスカリ
コナラ芽吹き
山桜幼葉
どんどん春が広がって行く。

山桜
イイギリ芽吹く
赤い色はサングラス的役割りらしい。

イイギリ
桃の新葉
鉢植えなのであまり大きく出来ず
花が咲くまでには行かない。

桃
リンゴの若葉
昨日は東京の桜開花(平年より5日早い)。
鉢植えのリンゴも緑が鮮やかに出て来た。

りんご
ムスカリの花茎が出始める
小さなヒヤシンスとも言えるか。

例年は葉が伸びすぎて困っていたが、今季は葉があまり伸び過ぎずバランスが良いように思う。

ムスカリ



(※前回記事/2016年11月20日
フキの花のまだ蕾み
サンシュユ(山茱萸)
タネを埋める
昨日。
昨秋拾って冷蔵庫保管してきたタネを取り出して土に埋めた。
左からナツメ、クロガネモチ、ヤマモモ、ブンゴウメ。

タネ
ジンチョウゲ
いよいよ蕾みが開き始めた。

ジンチョウゲ
福寿草
寒い時に“黄色”はありがたい。

福寿草