普段のズボン(その2) 見かけた植物
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
ネジバナ
考えてみれば不思議なカタチだ。

ネジバナ
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
この花は重くてどうしても垂れ下がらざるを得ない。

カシワバアジサイ
アスパラガスの実
アスパラガスの実というのを初めて見た。
収穫せずにどんどん成長させると実を結んで次世代へつなげるわけだ。
まだ青いが9月ごろには赤くなるらしい。

アスパラガス2アスパラガス1
睡蓮つぼみ
アリも忙しい
花はフレンチラベンダー。

アリ
ロベリア
園芸種として増えている。

ロベリア
ベニバナトチノキ(紅花栃の木)
マツバウンラン(松葉海蘭)
雑草だがなかなかカワイイ。

マツバウンラン松葉海蘭
新 緑
ボタンか、シャクヤクか
そっくりなのでなかなか判別が難しい。
牡丹が樹木で、芍薬は草だという。
開花時期は牡丹が4/20〜5/5頃で、芍薬が5/10〜5/末頃。
…ということは牡丹か。

ボタン?
カラスノエンドウ
スダジイの大木
ベニシダレザクラ(紅枝垂桜)
しだれてますなぁ。

しだれ1しだれ2
アネモネ
八重咲きはゴージャス。

ピンク紫白
コナラ芽吹き
フキの花のまだ蕾み
サンシュユ(山茱萸)
ジンチョウゲ
いよいよ蕾みが開き始めた。

ジンチョウゲ
福寿草
寒い時に“黄色”はありがたい。

福寿草
ローズマリー
ソメイヨシノはまだまだ固い蕾み
あと1ヵ月半〜2ヵ月。

ソメイヨシノ
河津桜
旧中川の河津桜が咲き始めている。
ただし個体差が激しく、まだ蕾みだけの木もあれば、ほぼ満開の木もある。
日当たりなどの場所の差なのか、木自体の性質の違いなのか。
並木全体で見回せばまだ一割咲きくらい。

川津桜
白梅(玉牡丹)
いよいよ梅の季節。

玉牡丹
枯れ残っているススキ
ミツバアケビ(三つ葉木通)、冬の葉
落ちずに残っている葉に陽光。

ミツバアケビ
大樹剪定
クレーンに乗ってチェーンソーで枝を落としたんだろう。

大樹剪定
チェッカーベリー
別名ゴールテリア、さらにヒメコウジとか。

チェッカーベリー
ヤマシロギク
透き通る
ツワブキ斜め逆光