普段のズボン(その2) 季節を感じる

「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
サクランボ
雨上がり
もう初夏
ユリカモメ、冬毛から夏毛に変身中
奥の「頭真っ黒」が夏毛に変身済み。
手前の頭が白いのがまだ冬毛だが、少し黒くなり始めている。
ちょうど中間期でいろいろなバリエーションの個体がいる。

ユリカモメ、夏毛と冬毛
公園にて
花壇は色とりどり。

ポピー
満 開
ソメイヨシノよりピンクが濃い。
ヨウコウザクラ(陽光桜)というのか(?)。

さくら
霜 柱
日陰だと日中でも溶けない。

しもばしら
雪が残っている
今朝は東京マイナス4℃で48年振りとか。

雪が残っている
雪の翌朝
昨日は昼頃から雪が降り始め、午後から夜へと降り続けたのでこりゃ大変な事になるかと思ったが、夜中に止んだようだ。
今朝は気温も低くなく、もう融け始めているようである。
ニュースを見ると都心の積雪23cmだそうだが、朝の具合ではもう融けているから10数cmというところか。

電線雪
鉢
昨日の夕雲
17:00。
以前は17痔になれば真っ暗だったが、季節が進み、まだ明るさが残っている。

夕雲
カ モ
冬はカモの季節。
種類を検索したが同定出来ず。

追記(2017.12.21):「キンクロハジロ ♀」で間違いないだろう。

カモ
草刈り
夏の間雑草が生い茂っていたが、冬に向かい草刈りが行われた。

草刈り
夏 雲
夏雲

まだ梅雨は開けていない。
夏祭り
紙垂(しで)が揺れる。

夏祭り
河津桜
日差し
風さえ無ければ…。

風さえ無ければ
あまおう
イチゴの種類も増えた。
大昔はミルクや砂糖を掛けて食べたが、充分甘いので何も掛けずに食べる。

あまおう
霜 柱
明日は天気が悪いらしいので本日墓参に行った。
郊外なので気温が低く霜柱があった。
花立には溜まった雨水が凍っていて花が浅目にしか入らず。

霜ばしら
初冬公園
萩のトンネル
入道雲
この写真は数日前。
今日はちょっと涼しい。

入道雲
なつぞら
2020年東京も暑いことであろう。

なつぞら
夏 雲
白い雲で測光すると空の青さがより青くなる。

夏雲
夏 空
昨日、おとといの暑さ、蒸し暑さは夏本番。

夏空
まだ冬の木
近くまで行けば芽が膨らんでいるだろう。

冬の木
紅 白
黒い背景の前に白梅と紅梅が並んでいる。

紅白
旧中川の河津桜
河川敷に河津桜がたくさん植えられている。
もうじき満開。

昨年わが家の実生は残念ながら途中で枯れてしまった。

河津桜
語らい 陽の当たるところは気持ちいい
寒さの中にも
まだ木々は裸だが、2月になってもう寒さの先が見えて来た。
もう少しの辛抱。

裸木
早咲きの紅梅
小村井(おむらい)香取神社の早咲きの紅梅。
境内の香梅園梅まつりは2月20日(土)からのようだ。

紅梅