普段のズボン(その2) 1996年05月
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
1996年・宮之浦岳と縄文杉
やく1
<1日目>1996年5月2日(木)
旅行会社のツアー参加。
11:07羽田発。
12:35鹿児島着。
13:15鹿児島発。YS-11に初めて乗る。
13:50屋久島着。
滝や海中温泉観光。
民宿泊。
トビウオの刺身を食べる。

<2日目>5月3日(金・祝)
バスで登山口に移動。
7:00登山開始。
淀川小屋(避難用無人小屋)、花之江河(エゴ)通過。
12:00宮之浦岳頂上(1,935m)。
17:05登山口に戻る。
ホテル宿泊。

<3日目>5月4日(土)
雨の一日。
バスで今日の登山口に移動。
7:00歩き始める。
9:30トロッコ軌道歩きが終わって、山道歩きに。
11:40縄文杉到着。
15:45登山口に戻る。
ホテル宿泊。

<4日目>5月5日(日)
帰宅。


* * * * * * * * * * * * * * * *



やく2
羽田。

やく3
鹿児島で乗換え。
初めてのYS-11。

やく4
屋久島空港着。

やく5
千尋滝(センヒロタキ)。

やく6
大川(オオコ)の滝。

やく7
平内海中温泉。
今回は満潮で入れず。

やく8
いよいよ宮之浦岳登山スタート。
登山口。

やく9
途中の無人避難小屋(淀川小屋)。

やく10
湿原の花の江河(エゴ)。

やく11
湿原にオタマジャクシがたくさんいる。

やく12
山頂が見えてくる。

やく13
頂上直下の低木帯。

やく14
となりの永田岳。
屋久島で2番目の山。

やく15
帰路通過の淀川小屋はテントで満杯。

やく16
5月4日
今日は雨、雨、雨。
縄文杉ツアーに出発。

やく17
昼の弁当配給。
ザックに入れる。

やく18
トロッコ軌道歩きが始まる。

やく19
ウィルソン株。
約400年前に伐採された後の切り株。

やく20
縄文杉。
樹齢7,200年と言われているが、3,200年位との説もある。