普段のズボン(その2) 1997年07月
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
1997年・白馬岳
1997年7月11日~7月13日
第31回白馬岳貞逸祭記念登山に参加。


●1997年7月11日(金)
22:00家を出発。コンビニでオニギリ5個(明朝と昼分)購入。
23:52新宿発。

●7月12日(土)
5:38白馬駅着。雨。
O君と合流。
<白馬岳貞逸祭記念登山>受付
記念登山会費/17,000円。
アイゼン保証金/1,000円(終了時返金)。
猿倉で餅と豚汁ふるまい。
7:00猿倉から登山開始。
7:50白馬尻。
雪が少ない。大雪渓がだいぶ後退している。コーヒー400円。
9:00白馬尻スタート。
14:00村営頂上宿舎で小休止20分。
14:40白馬山荘着。乾燥室にこれでもかと干す。
濡れた靴下を新しい靴下に履き替えたが廊下が水浸しなので歩くとビチャビチャに濡れる。やむを得ず裸足になる。
15:30スカイプラザでホッと一段落。 生ビール860円。まずい枝豆700円。夕食にまだ間があるのでさらに缶ビール(大)790円。ちなみに小は590円と値付けされている。
17:30夕食。

●7月13日(日)
霧雨。
5:00朝食。
5:35集合。主催者側から提案。
本日は白馬鑓ヶ岳ルートは天候不良で難渋が見込まれる。健脚以外は白馬大池ルートを勧めるので申し出でよとの事。
ワタシとO君も大池ルートに変更した。
7:30山荘出発。
7:50白馬岳山頂着。
8:00山頂出発。
9:35小蓮華頂上。雷鳥が近くにいる。
11:05白馬大池小屋着。他のグループも小屋にいて混雑。小屋に入れず雨の中で弁当食べる。食後コーヒー400円。
コバイケイソウ、ゴゼンタチバナ、ズダヤクシュ、モミジカラマツ。
14:30栂池山荘着。
16:10白馬駅に戻る。
列車まで時間があるのでミミズクの湯(400円)に行く。
17:09スーパーあずさ14号。自由席、うれしい誤算でガラ空き。
車内販売、弁当(1,020)+缶ビール(250)。
21:06新宿着。



※書き掛けです。