普段のズボン(その2) 1998年07月
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
1998年・白馬岳
1998年7月11日(土)、12日(日)
<第32回白馬岳貞逸祭記念登山>参加




●1998年7月10日(金)
23:50新宿発、アルプス号。


●1998年7月11日(土)
5:36白馬駅着。
会費/17,000円。
岳の湯にて餅とアザミのおひたし。
神事。
9:20猿倉出発。
10:35白馬尻着。茶とカリン糖。
スパッツを付ける。
大雪渓の後は夏道を行く。
ヒヨドリ、レイジンソウ、オオウバユリ、サンカヨウ、キヌガサソウ、イワオオギ、イブキジャコウソウなど見る。
13:25葱平(ねぶかっぴら)
ハクサンチドリ、クルマユリ、ミヤマキンバイ、トリアシショウマ、シロウマアサツキ、コウゾリナなど見る。
小雪渓を越えた所に避難小屋。昨秋出来たらしい。入口が雪で壊れている。
ロウソク岩、船底岩(象岩)、ヨツバシオガマ、オダマキなど見る。
赤岩は不安定でその内落ちるだろうとの事。
16:15村営頂上宿舎着。部屋14℃。
夕食セルフテイク方式。極力生ゴミを出さないように食べられるだけ取る方式。
缶ビール500円、ポカリスエット380円。
絵葉書4枚投函。
20:00就寝。


●1998年7月12日(日)
濃霧。
5:30朝食。
6:30村営宿舎出発。
途中大池山荘で昼食。茶と味噌汁。弁当。コーヒー400円。
コゴメグサ、ヒョウタンボク、ゴゼンタチバナ、コメツガ、コメツガサクラ、チョウノスケソウ、ツマトリソウ、ミヤマホツツジ。モミジカラマツ、ホシガラス、イワヒバリ、ライチョウなど見る。
帰路列車時刻などの記録なし。
帰宅。






※書き掛けです。