普段のズボン(その2) 1998年08月
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
1998年・北穂高岳
きた1
<1日目>1998年7月30日(木)
夜、O君とクルマで出発。

<2日目>7月31日(金)
未明に沢渡着、仮眠。
バスで上高地(1,520m)着。
この日は涸沢ヒュッテまで。
夏季診療所開設中。
テント泊。1張り2日2人で2,000円。

<3日目>8月1日(土)
昼少し前、北穂高山頂。ガスで何も見えず。
北穂高小屋のテラスで昼食。
テントに戻って2泊目。
夜半から雨。

<4日目>8月2日(日)
風雨激しい。
小止みを見計らって撤収し帰路へ。
沢渡の駐車場に戻り、クルマで温泉へ。

<5日目>8月3日(月)
帰宅。


* * * * * * * * * * * * * * * *



きた2
途中の本谷橋。

きた3
涸沢ヒュッテとキャンプサイト。

きた4
北穂高小屋テラス。

きた5
山頂。
ヘリコプターの邪魔にならぬよう
この杭は抜けるようになっている。

*************
<あれこれ>

きた6
涸沢ヒュッテとキャンプサイトを下に見る。

きた7
北穂高方面を望む。

きた8
涸沢小屋とカール。

きた9
テント。

きた10
幕営領収証とバス(沢渡~上高地)半券。