普段のズボン(その2) 2007年09月
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
暗黒物質(ダーク・マター)は未発見の素粒子
半年位前にNHK教育テレビの番組を見て
暗黒物質について知った事を、
備忘的に書き留めておきたい。

まず、137億年前のビッグバンによって
われわれの宇宙が始まったことは
今では多くの人が知っている。
その時の超々高温・超々高密度の状態が段々拡散し冷えて、その過程でガス状のものが少しずつ寄せ集まって”星”に固まって行き、やがて無数の星雲が漂う現在の宇宙になった訳だ。
ところがシミュレーションしてみると、現在ある”普通の物質(元素)”だけでは重力が足りず、当初のガスがガスのままの状態を保ち、”疎密”が出来ないので現在のような星が誕生し得ないという結果になった。
そこで普通の物質とは別の”目に見えないなんらかの未知の物質”があるのではないかという疑問が出て来て、それが暗黒物質として認識されるようになった。

そして今や、いろいろな観測による状況証拠は揃っているので
その存在は確実視されている。
さらに、注目の物的証拠は数年以内に発見されるだろうと期待されている。
各国の研究者チームが先を争っているようだ。

そこでおさらい
<暗黒物質の性質とは>
見えない
質量がある
私たちの周りに飛んでいるがすり抜ける
宇宙の初期につくられ、安定している

今ではその”分布や量”が観測されているがその方法は、
宇宙のどの方向からも届くかすかな電磁波のノイズ(宇宙マイクロ波背景放射)の観測からだ。
それはビッグバンの時の残照とも言われている”形跡”であった。
それの詳しい観測(米国のWMAP衛星など)で次の事が分かった。
「普通の物質(元素)」と「暗黒物質」と「暗黒エネルギー」の量対比は4:22:74。
ダークマター

要するに、
普通の物質とそれ以外のものとは4:96であり、
普通の物質の24倍の未知のものが同居しているという世界に
われわれ人類は一瞬現れたという事になります。
(この番組では「暗黒エネルギー」についてはほとんど触れていない)
目黒の行人坂
行人坂

もし凍っていたら絶対にのぼれないほど急坂。