普段のズボン(その2) 2009年12月
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
ベランダガーデン棚卸し
大晦日現在のベランダの植物をチェック。

<花木>
沈丁花(1鉢)/10年以上前に苗木でもらって来たもの。

<樹木>
楠(1鉢)/(鳥か風が運んだタネから)芽を出してたぶん10年くらい経つか。
ドングリ(コナラかクヌギ)(2鉢)/2005実生
千両(1鉢)/2008実生
銀杏(1鉢)/2008実生

<果実の木、草>
柿(1鉢)/2008実生
林檎(2鉢)/2007、2008実生
梨(2鉢)/2008、2009実生
葡萄(2鉢)/2007実生
甘夏(2鉢)/2009実生
伊予柑(1鉢)/2009実生
オレンジ(1鉢)/2005実生
パイナップル(1鉢)/2009クラウン差し
四季なり苺(1鉢)/根をコガネムシ幼虫に食われて一度全滅して、2008こぼれ種から復活

<球根>
ムスカリ/今秋埋め込み
チューリップ/今秋埋め込み
ヒヤシンス/今秋埋め込み

<草花>
カスミソウ/うっかり忘れていて遅ればせながら昨日蒔く。
年の暮れの夕暮れ
浮世絵版画のグラデーション的「空」。

夕暮れ
餅を切る
昔からの慣習で暮れに餅を切る。
今はいつでも切った餅を売っているので
慣習通りにする事はないが
まあ慣習というのはそういうものなんでしょう。

すぐには食べきれないので
カビ対策が必要になる。
練りワサビか練りカラシを小皿に入れて
餅と一緒に密封容器に入れておく。

餅から水分が蒸発して結露するので
吸湿用に古新聞も入れておく。

餅
京成線とスカイツリー
高さ254m。

京成線2



(※前回記事は12月21日)
ミニチュアっぽい写真加工
ミニチュアっぽい写真がはやっているので
ワタシも初めて加工してみた。

Photoshop使用。

鴨
梨の紅葉
今年発芽の梨はもう全部落葉したが、
これは昨年発芽した木。

梨紅葉
今日のヒヤシンス
鳥のクチバシのように土から突き出している。
寒さが原因か少し茶色の部分あり。

ヒヤシンス


(※前回記事は11月24日)
THIS IS アイ・ティ
大手IT企業のエライさんがこのように言っているらしい。
(言葉は正確でないが大意は違っていないと思う)

「地球上のどこにいても
衛星から超高解像度のカメラで見られているし、
電話も電波もメールも完全な秘匿技術はない。
したがって現代にプライバシーというものは存在しない。
良い悪いは別にして、そういう時代なんです」
チューリップの芽
順調。
防寒のワラの成果か、今のところ損傷なし。

チューリップ



(※前回記事は12月9日)
冬の川で
鴨が遊ぶ旧中川。

かも
塔の上の雲
葉影猫
枕橋から見る
1年延期して着工
近所のマンション着工。

着工
松井秀喜という野球選手
つぶやきを書いて置こう。

松井秀喜選手の2010年のプレーは
ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムでと決まった。

これが本人にとって最も良い選択だったかのかどうか、
数年経てば否が応でも結果が出る。
(とかくマスコミはいい時は大持ち上げするが、
ダメになるとハナもひっかけないもの)

思い切って今年終盤の活躍を花道に引退する道は考えなかったか。
ワタシは勝ち逃げして欲しかった。
千載一遇のタイミングを天が与えてくれたから。

思えば、当初の米国移籍の目的である
<ニューヨーク・ヤンキースの選手としてワールドシリーズ優勝に貢献する>
という事柄は立派に果たされた。
それもMVPというこれ以上ないという事実で果たされた。
奇跡と言っていい。
そして奇跡は二度は起きない。
マツイの奇跡は一度だ。

ヤンキース球団はそれが分かっているから冷静に判断した。
来年からの松井(秀)は下降線を辿るだけだ。
身体に不安がある35歳。
ゆっくりか急降下かは分からない。
ともかく大きな期待に応えられない選手として
引退までの月日が過ぎて行くでしょう。
つらいなぁ。
そんな松井を見たくない。

そもそも松井(秀)は大リーグが似合っていなかった。
TVで見ていて感じるが、ちっとも溌剌としていない。
楽しんでいるように見えない。
そんなに重圧なら、日本で気楽に大活躍すればいい。

一番の懸念はやはり膝が完全でないのだろう。
走っているところを見るとヒヤヒヤする。
もともと守備がうまいわけではないから
足はかなりハンディキャップだ。

これまで松井(秀)や松坂はその超々高額な報酬に
対応する働きを残せていなかった。
そもそも代理人が自分の分け前のために
選手を高く売り過ぎる傾向がある。
誰に言わせても文句無しはイチローだけ。

好人物なのはわかっている。
どんなに不振の時も、誠実にインタビューに応対している。
それはそれ、これはこれ。

名前を大切にして欲しかった。
来シーズン以降のスポーツ紙に
「松井不出来」って皮肉見出しが出るか。
グーグルストリートビュー撮影車に遭遇
先日近所の狭い一方通行路で、
向うから来るクルマがフト目についた。

なんだ?
屋根の上に潜望鏡のようなものが突き出ている。

あ、あれがウワサのストリートビュー撮影車ではないか。
うん、プリウスだ、間違いない。

グレーかシルバーの目立たない地味な色。
ボディ横にずいぶん擦り傷がある。

こんな道でわざわざ移動中とは考え難いので、
たぶん撮影中だったと思われる。
真正面からワタシの顔が映ったに違いない(キャップは被っていたが)。
別にやましいところはないが、
問答無用で撮影されるのはいい感じがしないもんだ。

(特に日本では)当初のビュー画面はクレームが多かったので、
カメラ位置を下げて再撮影しているところかも知れない。

たしか当初のストリートビューでは、
視点が2.5mの高さだったので日本の家屋事情では
塀の内側が見えてしまう。

夏の撮影では塀越しに、
開けっ放しの部屋でパンツ1丁でごろごろしている
オトーさんが写ってしまう。
プライバシーもヘチマもないってもんだ。

グーグルという会社の社風は
書生っぽくて乱暴。
「便利だ!」と判断したら
マイナスの面は二の次にして突っ走る。

グーグルにおける“あるべき理想”に向って
不都合な現実などは蹴散らかす。

底抜けに自由で明るい、米国カリフォルニア州マウンテンビューの
グーグル本社会議室でゴーサインが出された時に、
日本の塀の高さや住宅事情など、
ラチ外のソトのオフの「そんな事考えた事も無い」事柄だろう。



(※前回記事は2008年8月17日
現在235m
わが家の屋根から見える東京スカイツリー。
この上にあと399m積み上げられる。

235m



(※わが家から見える、これまでの様子11月3日10月17日8月14日
アネモネの芽が出始める
にょっきり、頭をもたげる。

アネモネ芽


(※関連の前回記事は12月2日)
マチナカの小駅
東武亀戸線・小村井(おむらい)駅。

小村井駅
ジンチョウゲが色付いている
咲くのはまだ先だけど。

じんちょうげ
冬の大三角
空気の澄んだ冬の夜空。

大ざっぱに言うと南の方角、
オリオン座の左に大きな三角形が見える。
「冬の大三角」

街ナカだと余程条件が良くないと
見えないかも知れないけど。

375
解体、新築など相次ぐ
曳舟周辺は意外と交通が便利で、
スカイツリーも徐々に姿を現し、
土地としてのバリューが上昇しているようだ。
(借地の人には迷惑)

毎日のように「土地を捜しています」という不動産業者のチラシが
付近一帯のポストにバラまかれている。

ここも2軒分が解体され更地になった。
開発
チューリップ防寒対策
毎年防寒にワラを敷く。

というのは、チューリップの芽がある程度伸びると
寒さ焼けというのか
まだらに茶色くなり、チューリップの葉独特のネジレが千切れる症状が出る。

このワラ状のものはムスカリの茎の枯れたもの。
少し足りないのでドングリの枯葉を足す。

この写真では除外したが、ワラが風で飛ばないように
アーチ状の金網で押さえている。

チューリップ防寒

現在、芽はほんのちょっと土から顔を出している程度。



(※関連の前回記事は11月24日)
アーティストとスペシャリスト
こんな風に対比出来るだろうか。
先人の意見や個人的意見で下記のように上げてみた。

<アーティスト>         <スペシャリスト>
チャーリー・チャップリン    バスター・キートン
立川談志            古今亭志ん朝
スティーブ・ジョブズ      ビル・ゲイツ
本田(宗一郎)社長       藤沢(武夫)副社長
ジョン・レノン         ポール・マッカートニー

よく言われることだけど
ジョンは「方法は何でもいい、
とにかく目標に向おうよ」という感じか。
音楽は方法のひとつに過ぎない。

ポールは音楽が好きで好きでたまらない。
音楽イノチ、音楽こそすべての“ミュージシャン”。

ジョンとポールが化学反応を起こして
ビートルズは爆発した。

ビートルズが休止してその後のポールが生んだ曲は
いまひとつ気持が騒がない(少なくともワタシには)。
いつまでも歌唱力抜群だけど…。
顔が年取ったなぁ(仕方ないか)。

ジョンはジョンのやり方でマイペースの仕事を続けた。
そして1980年12月8日、ジョンの時間が止まった。
URのマンション2階テラスから見る
京成と東武が交差する所。

2階テラス
現在高さ231m。



(※前回関連記事は12月1日)
おじさんパラダイス
豚肉生姜焼き定食800円。
中生580円。

三州屋

12/4(金)新橋に出たついでの昼食。
習俗のステレオタイプ
今年実生から開始した梨の紅葉
京成曳舟駅真ん中に高架脚用地
高架化進行中。

曳舟駅軌道撤去



(※前回記事は9月27日)
アネモネ発根
湿らせ始めた球根から根が出始めたので
今日、土に埋める。

年々、赤色が少なくなった。
<青紫:赤=9:1>くらいか。

アネモネ発根

あねもね



(※アネモネの前回記事は11月24日)