普段のズボン(その2) 2012年11月
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
後ろ姿猫
人も猫も後ろ姿で勝負。

後ろ姿猫
イチョウ黄葉
わが家のイチョウも色付く。
モバイルである。

いちょう
鶯谷から
先日(11月24日)上野公園内の東京芸術大学美術館に「尊厳の芸術展」を見に行った。
太平洋戦争中、アメリカ国内にいた日系人が拘束された。
荒野の収容所内で有り合わせの材料を使ってコツコツ作られた品の数々。
魂の発露、我慢の芸術と言われた。

自転車を使った。
帰路、鶯谷駅北側言問通りの跨線橋からスカイツリーを望む。

鶯谷から
電信柱
慣れて来るとこんな景色が違和感なくなってきた。

電信柱
注意をそそられる気配
日なたぼっこの途中。

ひなたぼっこ
八重の山茶花
残り時間を考える歳になってしまった。
あと何回サザンカを見られるのか。

さざんか
毛づくろい猫
アメニティの良い場所で寛ぐ。

毛づくろい
紅葉並木
葉はすぐに落ちるだろう。

紅葉
木々の葉も落ちる
寒いね
黒猫がうずくまる。

黒猫
特殊車両
これはJRだが各社にも同じタイプを見かける。

特殊車両
渋谷川
先日2回目の蔦屋書店に行った。
渋谷駅からぶらぶら歩く。
代官山まで一駅電車に乗るよりは(時間さえあれば)歩くほうが断然良い。

見捨てられたような渋谷川。
1912年発表の文部省唱歌「春の小川」のモデルは
宇田川や渋谷川の上流の河骨川(代々木八幡辺り)という説がある。
当時一面の田園地帯だった。河骨川は暗渠化された。

渋谷川
そこ冷たいだろうに
ま、アスファルトの上も似たようなものか。

猫
クリスマスバージョン
ライトアップが昨夜からクリスマスバージョンだそうだ。
昨夜の分、下の方が緑色になる。これはモミの木がモチーフ。
5種類のバージョンがあってクリスマスまで日替わりになるとか。

クリスマスバージョン
所在ない猫
どうしていいかわからない。

所在ない猫
耳洗い猫
サザンカのつぼみ
今季のつぼみは数が多いように思える。

さざんか
有りそで無さそで、有った
落語のマクラでよくしゃべられるネーミング。

バーバーじじ
ムスカリの葉ニョキニョキ
球根が発芽したくてウズウズしていたんだろう。
一斉に顔を出した。

本当はあまり早く葉が出ると葉が長く成長しすぎて
花の時期までに葉が密集状態になるので、
もう少し遅い時期のスタートでも良かったんだけど
植える方も待ちきれなかったもので。

むすかり


(※前回記事/2012年11月2日
柿の木
近所の柿の木。
鳥が群がって食べる。
カラスは電信柱の上の巣に持ち帰って食べ、
皮だけ下に落とすので道に柿の皮だらけ。

柿の木
賀状購入
郵便局で賀状を購入。
郵便バイク型の消しゴムをくれた。

消しゴム
菊咲く
小さな虫が付き易い。
見つけると手で落とす。

きく


(※前回記事/2012年11月1日
(※昨年の記事/2011年11月4日
大根の芽が頭を出す
種蒔きからちょっと時間が掛かる。

だいこん


(※前回記事/2012年10月21日
宇宙ヨット「イカロス」900日
本日で打ち上げから900日。

臼田のアンテナが定期点検に入ったため、冬眠から覚めたイカロスとの通信運用に
しばらく間が開いたが10月13日(土)の運用で再び通信が確保された。
地球との距離は約2億7千万km。
距離が遠くなる事でノイズレベルが徐々に上昇傾向で電波の受信が難しくなっているそうだ。
●10月18日(木)の運用でも通信出来たそうです。
イカロスの時計と地上管制局の時計の同期をしたそうです。
●10月25日(木)の運用でもかろうじて受信できたようだが、
ブログの書き方に非常に難しい様子がにじんでいた。
しかも次回運用予定日が記されていなかった。
そして本日現在も公式ブログに更新がない。
いやな雰囲気。



―――――――


<その他の科学ニュース>


2012年10月8日(米国時間)民間企業「スペースX社」がISSへの2回目の無人輸送機「ドラゴン」を打ち上げた。
そして10日ISSのロボットアームが把持してドッキングした。
400kgの物資を届け、759kgの物資を持ち帰る予定。



2012年9月4日23:30(日本時間)頃、
ISSから星出飛行士の操作により超小型衛星5基を軌道上に放出した。

ISS長期滞在中の星出飛行士の帰還が1週間延期で
2012年11月19日11:00(日本時間)の予定になった。

*

これまでの記録媒体は耐久性に問題がある。せいぜい百年。
しかも方式がころころ変わる。
記録自体は生きていてもその方式に合う機械がないので再生出来ないなんてことが出来(しゅったい)する。
2012年9月24日京都大と日立製作所の研究チームが3億年以上も耐久する記録媒体を開発したと発表した。数億年以上の保存期間に相当する「1千度で2時間」という加熱試験に合格。



113番目の新元素が認定されそうになった。
理化学研究所が発見し2012年9月に発表した新元素。
10年間のデータ蓄積の地道な道のりが評価されそうだ。
同じ113番元素については米ロの研究チームも発見を主張しており、
どちらが専門委に認められるかが焦点になっている。
両者は手法に違いがあり、日本の方が合理的な方法を取っており再現性と正確性で分があるそうだ。
「周期律表」に日本が名前を付けた元素が載る事になりそう。



米ロの宇宙飛行士が、2015年にISSの長期滞在を1年間やる事になったそうだ。
今までISSでの最長は半年まで。
長期滞在での身体や精神への影響を調べる。



JAXAは新型固体燃料ロケット「イプシロン」を内之浦射場から2013年夏に打ち上げると発表した。
イプシロンは2006年に廃止された固体燃料ロケット「M-V(ミューファイブ)」の後継機。
<新旧比較>
打ち上げコスト削減(M-Vは1機約75億円から53億円、最終的には30億円)
打ち上げ作業の簡素化(M-Vの42日から7日)



JAXAが2022年打ち上げを目標に検討している次世代赤外線天文衛星「SPICA」というのがあるそうです。
口径3.2mの主鏡。
望遠鏡全体をマイナス267°の極低温に維持するんだそうです。
すごい、絶対温度で6度。
宇宙空間では日の当たる側はかなり高温になるので
それにどう対処するのか。興味が尽きない。


(※前回記事/2012年9月17日
高架式京成曳舟駅工事の続き
現在の京成曳舟駅の都心側改札口付近から東側を見る。
このところ屋根構造物の進捗が速い。

とは言ってもこの区間(押上駅~八広駅)の高架工事が
完了するのは2016(平成28)年とか。
まだ先は長い。
敷地が狭く上下線を一度に工事出来ないから仕方ないか。

京成曳舟駅


(※前回記事/2012年10月30日
曇り空
隅田川の堤にススキが揺れる。
堤防の南千住近辺から白鬚橋の向こうにツリーが見える。
サイクリングやジョギングに利用する人が多い。

曇り
マンホールの上で
暖かい日差しを求めて猫は動く。

マンホールの上
都電とスカイツリー
荒川区町屋周辺。

都電とスカイツリー
玉ねぎを蒔く
昨日(11/1)蒔いたが、ちょっと時期としては遅かったようだ。
毎年楽しく栽培しているので今回も楽しみ。

たまねぎ
ムスカリ球根埋める
昨日(11/1)埋める。

むすかり


(※前回記事/2012年7月2日