普段のズボン(その2) 林試の森公園
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
林試の森公園
2月16日(月)快晴無風だったので
かねてから行きたかった「林試の森公園」に初めて行く。
東急目黒線「武蔵小山」下車。

林業試験場は1978(昭和53)年につくば市に移転し、
跡地が東京都に払い下げられて公園として整備され、
1989年「都立林試の森公園」として開園したそうだ。

樹齢百年はありそうな大きな樹木が多い。
冬の間にやっておきたいというような園内工事が2~3ヵ所で行なわれていた。
林業試験場が前身だったので花の園芸品種鑑賞タイプの施設ではない。
林間を散策するタイプだ。
有料施設ではないのであまりコストを掛けられないようで
一見雑な雰囲気はあるがそれはそれで素っ気なくて良い。
近隣の住民はいつも散歩が出来てうらやましい。

すぐ近くに目黒不動がありそちらにも初めて寄る。
「鬼平犯科帳」などにも出て来るから勝手に親近感がある。
平蔵が妻久栄の好物の黒飴を買って帰る場面がある。
「甘藷先生」の青木昆陽墓もあった。

その後目黒駅まで歩く。
途中「行人坂」を登る。ここは現役時代良く歩いた。

案内図スズカケノキ
紅梅椿
行人坂 急こう配の行人坂