普段のズボン(その2) 神楽坂上
「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
神楽坂上
先日(2016年2月27日)『出没!アド街ック天国』で“神楽坂上”をやっていた。
会社員時代あの辺りもウロウロしていた事があり懐かしかった。

刺激され、しばらく振りに散策に出かけた。
東西線「神楽坂」下車。
まず赤城神社(牛込の総鎮守)に行く。
番組で見た通り建替えられて清新でおしゃれな雰囲気に一変している。
神社も、敷地内のマンションも隈研吾(くまけんご)氏の仕事だそうだ。
隈氏は赤城神社の氏子らしい。
赤城神社1赤城神社2

神社の端から北を見ると急に地形が落ち込んでいる。
この一帯は早稲田通りや大久保通りを頂点にして南北側が傾斜している。
ここは小さいけれど台地だ。
高低差の地形が感じられて興味深い。
神田川を挟んで対岸の文京区側の台地と対峙している。

裏道を通ってから新潮社の角に出る。
新潮社の書籍倉庫をリニューアルさせた新商業施設「la kagu(ラカグ)」があり、
ファサードの大部分を占める階段が目を引く。
ここも隈研吾氏の仕事。
新国立競技場も隈氏のデザインが採用されたし“乗って”いる。
中に入ってみたがあまりにも自分が場違いなので早々に出て来た。

ラカグ1ラカグ2

あとは神楽坂を下って飯田橋からJRで帰宅。
神楽坂は相変わらずいい具合に賑わっている。