普段のズボン(その2)

「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
東急プラザ銀座・屋上庭園
「東急プラザ銀座」は以前東芝ビルがあった所。

数寄屋橋1 数寄屋橋交差点
すきやばし2 屋上庭園
数寄屋橋3 景色を見ながら自由に休憩できる

ソニービル 道の向かいの銀座ソニービルは解体中
数寄屋橋交差点往来
本日、比較的穏やかな日和だったので銀座に出る。
数寄屋橋交差点角、2016年にオープンした「東急プラザ銀座」の屋上庭園から撮る。
あまりにも有名な渋谷のスクランブルとはちょっと違うスクランブルの様子。

2・0・1・8
地球の2018。
なるようになるでしょう。

地球
2017わが家の植物棚卸し
大晦日現在のわが家の植物をチェック。

<花木>
大紫躑躅(1鉢)/20年以上前に苗木でもらって来たもの。
山桜(2鉢)/拾って来たサクランボから2015年実生。

<樹木>
クスノキ(1鉢)/(鳥か風が運んだタネから)芽を出して15年以上経つ。
ドングリ(コナラかクヌギ)(2鉢)/2005年実生
イチョウ(1鉢)/2008年実生
マテバシイ(2鉢)/2014年実生。
アラカシかウバメカシ(?)(1鉢)/2014年実生。
イイギリ(1鉢)/2016年実生

<果実の木>
林檎(1鉢)/2007年実生
梨(1鉢)/2008年実生
葡萄(2鉢)/「巨峰」2007年実生、「デラウエア」2014年実生
甘夏(2鉢)/2009年実生
オレンジ(1鉢)/2005年実生
柚子(2鉢)/2012年実生
金柑(1鉢)/2012年実生
伊予柑(2鉢)/2012年実生
温州みかん(2鉢)/2012年実生、2013年実生
鬼胡桃(1鉢)/2012年実生
グレープフルーツ(2鉢)/2013年実生
レモン(2鉢)/2014年実生
ハッサク(1鉢)/2014年実生
ポンカン(1鉢)/2014年実生
桃(1鉢)/2014年実生

<野菜>
無し。

<球根>
ムスカリ/球根→花→球根を10年位繰り返している。今季は寒いのか葉の生育が遅い。

<その他>
サボテン(1鉢)/2017年、他の鉢の隅に小さい小さいサボテンが出ていた。由来不明。



~特記事項~
※ヤマモモが2017年に実生したが途中で枯れる。夏の猛暑にやられたか。



※前年記事(2016年12月31日
薄 暮
昨日、京成曳舟駅辺り。

曳舟1
曳舟2 スカイツリーが見え隠れ
旧古川庭園 洋館
旧古河庭園
昨日『旧古河庭園』に行った。
駒込駅徒歩15分。
本館と洋式庭園部分はジョサイア・コンドル設計。
建物の内部は予約方式なので入らず。

旧古河庭園1
旧古河庭園2



(※ジョサイア・コンドル記事/2014年11月4日
2代目クスノキ
曳舟再開発で伐採された大クスノキの代わりに新たに植えられたクスノキの若木。
それなりの日数が経過して少しずつ風景に馴染んで来た。

クスノキ2代目



(※先代のクスノキ記事/2016年12月16日
駅前計画
京成曳舟駅前。
マンションがたくさん建ったが、まだ駅前のロータリーが手付かずだった。
掲示板によると徐々に進展はしているようで、
道路も拡張される。
完成が待ち遠しい。

曳舟駅前1
曳舟駅前2
建設中のジャンクション
高谷(こうや)ジャンクション


京葉ジャンクション


小松川ジャンクション
不明樫の植え替え
鉢が小さすぎるのでひと回り大きい鉢に昨日植え替えた。
シラカシかアラカシかウバメガシかまだ同定出来ていない。

小さい鉢の中で主根の行き場が無くてのたうっていた。
しかし庭が無いので鉢植えしか出来ず制約はやむを得ない。

不明樫1



(※前回記事/2017年11月8日
道バイクたち(7)(8)


アオサギ
東京港トンネル(国道357号線、西行き)
首都高を楽しむ(大井南→向島)
東京港野鳥公園
昨日、風が寒かったが野鳥公園に行く。たしか3回目か。

野鳥公園1 超望遠レンズのおじさんがチラホラ。
野鳥公園2 ネイチャーセンターではレンジャーが丁寧に解説してくれた。ここはただの観察小屋。
野鳥公園3 冬だからカモが多い(これはホシハジロ ♂)。
サザンカ
ト ゲ
クロアゲハ羽化
渋 谷
昨日代官山に行った後、天気も良いので渋谷駅までブラブラ歩いた。
南平台を通り246号線に沿ってダラダラ下りる。

渋谷1

大改造中の渋谷駅周辺が見えて来た。
高層ビルの建設が真っ最中。

渋谷2

明治通りと246の交差点歩道橋もルートが変わっている。

静也3

ヒカリエの2階から銀座線ホームまで矢印に導かれて歩いたが
なにしろ工事中なので階段を上ったり下りたり、下りたり上ったりでやっとホームに辿り着いた。
池はおだやか
水にだら〜んと身を預ける。

カエル
小松川JCT(2017年12月10日)
指定日に夜間通行止にして架橋工事が始まった。

船堀タワーから見る
江戸川区の船堀タワーに上るのは2回目。
遠くは霞んでいる。
手前の橋は船堀橋。

船堀橋
ブログパーツ
いつの間にかユニクロのブログパーツが出なくなったので、新たなブログパーツとして懐かしい「国鉄標準型時計」を付ける。

※注意:見ている人のパソコンの時刻が反映されるため、必ずしも正確とは限りません。
小石川植物園の続き
あの時から何日か経って寒い風も吹いたので、もうだいぶ冬っぽくなっているのではないか。

小石1
小石2
カ モ
冬はカモの季節。
種類を検索したが同定出来ず。

追記(2017.12.21):「キンクロハジロ ♀」で間違いないだろう。

カモ
エドワード・ホッパー風
エドワード・ホッパーが描きそうな風景に出くわした。

エドワード・ホッパー風
「はやぶさ 2」打ち上げから1,100日目
順調に航行中。
「はやぶさ2」と「リュウグウ」との残り距離は約620万km。




ーーーーーーーーーーーーー




<その他のサイエンスニュース>




2017年12月6日JAXA発表。
JAXAとISRO(インド宇宙研究機関)は月域探査の検討に関する実施取決めを締結した。
今後、共同で探査の内容や実現方法等について検討を行い、来年度末を目標に計画案としてまとめていく予定。


1977年に打ち上げられた探査機ボイジャー1号と2号は現在でも毎日データを地球に送り続けている。
2017年12月1日NASA発表。ボイジャー1号の姿勢を微調整する必要が生じたので、1980年から使っていなかったバックアップエンジンを作動させた。
旧式のアセンブリ言語でデータ化されたソフトウェアを検討し良好に動かす事に成功した。同様の試みを2号にもする見込み。
今後も約10年間はデータが来る事が期待される。


米国「Xプライズ財団」が主催する月面レース。
2018年3月までに月面に探査機を着陸させ「月面で500m移動させ地球に映像を送る」、この課題を最初に達成させたチームに賞金2千ドル(約22億円)が贈られる。
現在絞られた5チームが競っている。
日本チーム「ハクト」はインドチームのロケットに相乗りさせてもらって月に向かう。
当初2017年12月に打ち上げる予定だったが、延期され期限ギリギリか。


2017年11月15日JAXA発表。
米国民間企業(オービタルATK社)のシグナス補給船8号機が11月14日(日本時間)ISSに結合された。
結合方式は日本が「こうのとり」のために開発したロボットアーム把持方式で他の米国民間会社も採用しておりISSの新たなスタンダードとして定着した。
シグナス8号機はISSへ3.35tの荷物を運んだ。


2017年11月13日JAXA発表。
SS-520の5号機による超小型衛星打ち上げ日程。
日時/2017年12月25日(月)10:00〜14:15
場所/内之浦宇宙空間観測所
全長/9.54m
直径/0,53m(代表径)
構成/3段式
能力/低軌道に4kg以上
燃料/固体
※本年1月の4号機による失敗に対する対策を施しての再実験。


2017年11月10日JAXA発表。
「こうのとり」6号機による導電性テザー実証実験(KITE)の不具合原因究明。
2017年1月28日〜2月5日に行われた「導電性テザーを用いたデブリ除去」の原理実証において、テザー(細ワイア)を引っ張り出すためのエンドマス(重り)を本体に留めてあった4個のボルトの内1個が外れなかった。
切り込みを入れたボルトを熱した形状記憶合金の変形で切断する方式。
構造の部位組合わせに予期しない変形が起きた事が原因。



2017年11月7日JAXA発表。
2019年終わりころから約半年間、野口聡一宇宙飛行士がISSに長期滞在することになった。
野口さんの飛行は3回目で長期滞在は2回目になる。
米国企業が開発中の新型宇宙船に搭乗する可能性がある。



日本のダークマター検出装置「XMASS(エックスマス)」を使った検出実験は2018年末で終了する事になった。キセノンを増やした約30億円の大型装置への改修計画に予算が認められなかった。



2017年12月23日(土、祝)、H-IIAロケット37号機(高度化仕様)を打ち上げる。
気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)と超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)を搭載している。



2017年10月18日JAXA発表。
2007年に打ち上げた月探査機「かぐや」の観測データから、月面の地下空洞について割り出した。
場所は月の表側の「マリウス丘」の領域。
地球から見える月を時計盤に例えると「9」か「10」の辺り。
地下空洞は長さ数十kmと見込まれる。
途中に陥没した直径約50mの縦穴がある。
約10億年前まで火山活動があり流れ出た溶岩流の表面が固まり内部は流れ続け空洞(溶岩チューブ)が残った。
将来の有人月面基地拠点として極めて有用。
溶岩チューブの天井までの深さが50mくらいあり、隕石や宇宙放射線、厳しい温度環境から基地が守れる。
氷が残っているかも知れない。



(※前回記事/2017年10月18日
紅葉(小石川植物園)
昨日あまりにもおだやかな日和だったので小石川植物園に行った。
紅葉が最後の見頃で堪能した。

日暮れ
スタンドアップパドル
スタンドアップパドル(Stand Up Paddle)を略してSUP、
日本ではパドボと呼ばれることもあるそうです。

スカイツリーの横の北十間川で見かける。

パドボ
新パソコン購入
ネットで注文して、昨日店舗に受け取りに行った。
前のWindows機(東芝dynabook RX3/T 7M)は2010年9月購入だから7年以上使った事になる。※1年前に一度壊れてウントモスントモ言わなくなったが奇跡的に息を吹き返し(反応がすごく遅くなった)、その後は騙し騙しサブ機的に使っていた。


■新Windows機
富士通2富士通1

富士通 FMVU90B3B「LIFEBOOK UH90/B3」
OS/Windows10 Home 64ビット版
CPU/Core i7-8550U プロセッサー
メモリ/8G(4GB×2)
ストレージ/SSD 256GB
ディスプレイ/13.3型ワイドフルHD
グラフィック/インテル UHD Graphics 620
無線通信/IEEE 802.11
Bluetooth/ワイヤレステクノロジー Ver.4.1準拠
カラー/ピクトブラック
Office/Home and Business Premium
駆動時間/約17時間
サイズ/309×212.5×15.5mm(突起部分含まず)
質量/899g
拡張インターフェース/ダイレクト・メモリースロット(SDXCカード対応)、USB3.1×1/USB3.0×2、HDMI出力
『ゆいの森あらかわ』
ゆいの森あらかわ

昨日、町屋に行ったついでに『ゆいの森あらかわ』(荒川区立図書館)に立ち寄った。
今年(2017)3月にオープンしてまだまだ新しい。
評判通りスペースがゆったりしていて、明るく居心地の良い施設だ。
日暮里生まれの作家吉村昭記念文学館や子ども施設も併設されている。
さらに災害対策の備蓄倉庫機能も持たせているそうだ。
1Fには「カフェ・ド・クリエ」が入っており通りを眺めながらコーヒーも飲める。
八ツ山橋と新八ツ山橋
晩秋の日差し
曳舟たから通り工事中
電線を共同溝に埋め、歩道を広げる。

曳舟たから通り1曳舟たから通り2
この寒いのに羽化してしまった
今朝の未明から羽化が始まったらしく起きたら羽化が済んでいた。
クロアゲハである。
室内でサナギ化したので、外気を感じられず季節を錯誤した(のか)。
サナギのまま越冬すると思っていたのだが…。

今後対処が難しい。
戸外に出しても、生を全うできるのか甚だ疑問。しかも今日は霧雨だ。
山の中ならともかくごちゃごちゃした街中なので、蜜を吸う花も(ほとんど)無く、交尾する別の個体もいない。産卵につながる可能性はゼロだろう。
そうかと言って室内にいても、本来の生をまっとうできない。困る。

くろあげは

昼前に曇りから薄日になって来たので、結局外に出した。どこかに飛んでいった。



(※サナギ化記事/2017年10月25日2017年10月24日
夕 雲
いい雲だ。
よく見りゃスカイツリーの先端部に雪の落下防止ネットが付けられた。
冬の季語にしたいくらいだ。

夕雲雪ネット
ギンザシックス
昨夜は前の会社時代の同僚6人で呑む。
月

せっかく銀座に行ったので集合の前に初めて「ギンザシックス」に入ってみる。
元々は2ブロックだった土地を一緒にして大きな建物を建てたのでサイズがでかい。
中央の道は建物の中に残してある。
建物の吹き抜けには草間彌生のオブジェがあった。
エレベータホールもしゃれている。
草間彌生エレベータホール

蔦屋書店も入っている。展示方法も工夫が行き届いている。
蔦屋書店
High Sierra
11月20日(月)にmacOSの新しい「High Sierra」をインストールして下さいとの表示が出たので行なう。
それに伴ってアプリ(写真、メモ、iTunesなど)の操作勝手が変わって戸惑う。
さらに既にアドビ・イラストレーターで作ってあった年賀状ファイルが開けない。まだ印刷してないので焦る。
ナントカカントカどうにか開けてホッとする。
この寒さの中で
アオスジアゲハの幼虫がクスノキの葉にじっとしがみ付いている。
早くサナギになって越冬してくれたらいいんだが。

アオスジアゲハ



(※前回記事/2017年11月8日
裏細道
建設中のジャンクション
2017年11月19日(日)現在。

高谷(こうや)ジャンクション


京葉ジャンクション


小松川ジャンクション
逆光ツワブキ
ヒメリンゴのタネ
タネを濡らしたキッチンペーパーで包んで春まで冷蔵。

姫林檎姫林檎タネ



(※前回記事/2017年11月6日
ムスカリを埋める
昨日、ムスカリの球根を埋める。
相変わらず密植。

ムスカリ



(※前回記事/2017年6月29日
強風微風(3)