普段のズボン(その2)

「世の中スイスイ(粋々)、お茶漬けサクサク…」志ん生、志ん朝の噺に出て来るフレーズ。肩の力が抜けてあんにゃもんにゃです。~長い散歩の途中~
道バイクたち(12)
イチモンジセセリ
建設中のジャンクション
外環道一部区間(三郷南IC〜高谷JCT)は2018年6月2日開通予定。

京葉ジャンクション(開通直前)


高谷(こうや)ジャンクション(開通直前)


小松川ジャンクション
月と木星
昨夜21時半ごろの南東の空。

月と木星 月の下に木星

月 満月近し
ブドウ、成長中
これでも一番まともな房。
仕方ない。
害虫は割箸でひとつずつ毎日除去。

ぶどう
中土手・河川敷から見る小松川JCT(2018.05.24)
実生ドングリの中の具合
ホントにスダジイなのか
2014年の時の実生の具合と明らかに違う。
どちらがホントのスダジイなのか。

スダジイ3
スダジイ4
スダジイ5
植替え
●ロウバイ:8粒蒔いて3粒発芽。2鉢に1本ずつ。
ロウバイ1
ロウバイ2

●スダジイ:6粒蒔いて全部発芽(本葉が出たものから、まだ根だけのものなど不揃い)。2鉢にひとつずつ。
スダジイ1
スダジイ2
国立競技場工事の進捗度(動画編)
建設中の国立競技場の進捗具合
多くの人々の苦労が詰まっている。
完工まであと約1年半。

国立1
国立2
国立3
五月のみさと公園
たぶんブドウスカシクロバの幼虫
今年もブドウの葉が食われる時期が来た。
数が少なければ割箸で一つずつ除去できるが数が多すぎる。
薬品に頼るにしても、道に面していてそう簡単ではない。

ぶどう1
ぶどう2
ぶどう3
ドングリ系の木
ドングリ系樹木に花が咲いている。
遠目でよくわからないが。
風媒花だから地味。

どんぐり系
カルガモは一年中いる
例外はあるらしいが。

かるがも
ヒナゲシ
夏近し(2)
雨の後、緑が映える。

公園1
公園2
夏近し
みさと公園(埼玉県三郷市)。

夏近し
夏近し2
夏用室内履き
夏は素足にゾウリスタイル。具合が良い。

夏用
スダジイ、小さい葉
ツバメが来た
わが家に来たわけではなく、長旅の末に日本列島に来た。
「ピーピーピー」ひとしきり啼いて飛び去った。

つばめ
ロウバイの本葉がやっと出る
3つのロウバイの内、一番遅く発芽した個体から本葉が出るのが一番早かった。

ロウバイ1
ロウバイ2
強風微風(1)(2)、(4)
シラカシの本葉
細い幹がニョッキリ。

シラカシ横
シラカシ上
マダラ蝶の一種
ネット検索すると「オオゴマダラ」というのに似ているのだが、細部が違う。
しかも南国の蝶で東京にはいない筈。
したがって同定出来ず。
昨日、小石川植物園にて。

マダラ蝶1
マダラ蝶2
『はやぶさ 2』打ち上げから1,250日目
『はやぶさ 2』打ち上げから1,250日目。

現在、小惑星「リュウグウ」との距離は約11.2万km。
地球と月の間の距離が約38万kmだから、かなり近づいた。




ーーーーーーーーーーーーー



<その他のサイエンスニュース>




2018年4月13日JAXA発表。
H-2Aロケット39号機による情報収集衛星レーダ6号機の打ち上げ概要。
予定日時:2018年6月11日(月)13:00〜15:00
場 所:種子島宇宙センター



2018年4月6日、日本国防衛省のXバンド通信衛星「きらめき1号」がESA(欧州宇宙機関)のアリアン5型ロケットで南米仏領ギアナ射場から打ち上げられた。
衛星は正常に分離され7月をめどに運用が開始される予定。
「きらめき1号」は当初2016年7月に打ち上げられる予定だったが輸送途中に損傷したので延期されていた。「きらめき2号」の方が先(2017年1月)にJAXAのH-2Aロケットで打ち上げ済み。
さらに「きらめき3号」は2022年度にJAXAのH3ロケットで打ち上げられる予定。



2018年3月22日JAXA発表要旨。
JAXAが2018年3月12日と3月18日に相次いで小惑星を発見した。これらは現在地球から遠ざかっている。
オーストラリアのサイディング・スプリング観測所に口径25cmの望遠鏡を設置して、自動観測したデータを調布航空宇宙センターに送り画像処理解析した。
いくつかの天文台で追跡観測が行われ国際天文学連合からそれぞれ「2018 EZ2」「2018 FH1」の仮符号が与えられた。両方とも推定直径約20m。



2018年3月20日JAXA発表要旨。
中央大学理工学部小松晃之教授の研究チームがネコ用人工血液の開発に成功した。
JAXAは解析に使用した遺伝子組換えネコ血清アルブミンの結晶化にあたり、ISS(国際宇宙ステーション)の日本実験棟「きぼう」で行われているタンパク質結晶化実験機会の提供と結晶化、構造解析を担当した。
動物医療現場の深刻な輸血液不足を解決する革新的な発明で、今後大きな貢献をもたらすと期待される。




(※前回記事/2018年3月17日
写真アルバム/カタチとイロ(26)
昨日の夕焼け
1〜2分でみるみる色褪せる。

夕焼け
東京駅
昨日は東京駅のステーションギャラリーに寄る。

長い間工事中だった丸の内側駅前広場が2017年12月に完成して、まだ見ていなかったので全景を見たい。丸の内側駅舎全体の復元工事は2012年10月に完成済み。
中央郵便局だった「KITTE」の屋上からは工事中も何回か見ているので、別の視点がいい。
そうだ、新丸ビルのテラスから見られる筈。
7Fに行く。
飲食店がいくつか有って、テラスのテーブルはイートインスタイルのようだ。
飲食のお客でなくても入れるので都合が良い。
ただし三脚を使った撮影は禁止表示あり。
一般人のスナップ程度なら許容範囲。

東京駅

駅正面から行幸通りまでストンと一直線に空間が抜けていてスッキリしている。
映画かテーマパークのセットのようだ。
旅の出発点でもあり「ハレ」を飾る演出として素晴らしい。
見かけたクルマ、バイク(38)~(40)
道路に寝そべる
タツナミソウ(立浪草)
北斎の波のように。

たつなみそう
もう初夏
ひだまり
暑くもなく寒くもなく。

ひだまり
道角ガード(9)
道バイクたち(11)
今度こそ本物のスダジイ発芽
とりあえず6粒埋めたうちの3粒。

スダジイA
スダジイB
スダジイC

2014年の時の実生が2年目まで育ってから原因不明で枯れてしまったので再チャレンジ。



(※タネの時/2018年2月19日
ヒメリンゴ、ひょろひょろ
伸びてはいるがヒョロ長い。

ひめりんご1
ひめりんご2 戯れに針金を掛けてみた。



(※前回記事/2018年3月24日
建設中のジャンクション
小松川ジャンクション


京葉ジャンクション


高谷ジャンクション
シラカシ、持ち上がる
成長が遅い。

シラカシ180422



(※前回記事/2018年4月7日
建設中の小松川JCT(中土手と河川敷から見る/2018年4月20日)
なんて寝相だ
片手伸ばし開脚半ひねり。

寝相1
寝相2
黒い靴
先般、親戚の葬式に出掛ける時に靴を出したら状態がよろしくない。
リタイアしてから黒い革靴など冠婚葬祭しか履かないのでほったらかしだった。
とにかくその時は時間が無いのでボロ切れでチャッチャッと拭くだけで誤魔化した。
式の間、靴の白茶けっぽさに引け目を感じ続けた。
特に男は靴で器量が計られてしまう。

帰宅してから手入れしてどうにかまずまずの状態になった。
葬式、いつでも来い。

黒靴
四月の水元公園
ユリカモメ、冬毛から夏毛に変身中
奥の「頭真っ黒」が夏毛に変身済み。
手前の頭が白いのがまだ冬毛だが、少し黒くなり始めている。
ちょうど中間期でいろいろなバリエーションの個体がいる。

ユリカモメ、夏毛と冬毛
ロウバイ、殻が取れる
タネの殻がなかなか外れなかったが、昨日の雨に打たれて取れた。

ロウバイ双葉
ロウバイ殻 殻がガンコにくっ付いていた頃



(※前回記事/2018年4月4月
写真アルバム/カタチとイロ(24)(25)
オオムラサキツツジ
最初の1輪は4月12日だった。
もう7〜8割咲き。

オオムラサキツツジ
チューリップ
筆記具トレイ
必要な時にすぐ横に無いと。

筆記具